ビットコイン ビットコイン取引の基礎知識 仮想通貨について 初心者入門ガイド

【超初心者向け】仮想通貨はじめてガイド★ビットコインとは?いくらから買える?取引前の基本をわかりやすく解説

投稿日:2018年1月21日 更新日:

guide_title

はじめまして。当サイト管理者のnatsuです。

こちらは超初心者の方向けにビットコイン・仮想通貨についてのキホンをまとめたページになります。

「ビットコインとは?」「どこでどうやって買うの?」など基本的な内容をわかりやすくお伝えしていきます。仮想通貨・ビットコインのリスクや可能性などをご理解いただき、はじめての投資をお楽しみいただくためのご案内ページとして、ご活用ください。

スポンサーリンク

ビットコイン・仮想通貨をはじめる前の注意点

ビットコインは仮想通貨のひとつです。そこで、まず仮想通貨全般の特性をお伝えしておきたいと思います。

仮想通貨投資は元本保証ではありません。株式や為替に相場があるように、仮想通貨にも相場があり、日々、時々の状況により価値が変動し、価格が変動します。

しかも仮想通貨には株式のように1日の値幅に上限がありません。その相場の価格幅の大きさが仮想通貨の魅力でもありますが、儲かる可能性は損をする可能性と背中合わせということをご理解ください。

また、ビットコインをはじめとする仮想通貨は、徐々に社会に浸透してきてはいるものの、2017年に仮想通貨法ができたばかり。投資者保護条件やセキュリティ体制が完璧に整っているとはいえません。まさに未知なる通貨。今後のゆくえはこれからの社会により決まっていく部分もあります。非常にロマンがあると同時にリスクもあるのが仮想通貨ワールドです。

全ての取引が自己責任となります。投資の際には余剰資金を計画的に取引されることをおすすめします。使う予定のある資金や借金してまでの投資は避けることが賢明です。しつこく言えば、余剰資金であってもその全部でなくて一部からはじめてみると良いと思います。くれぐれも、ムリな投資はしないでくださいね。

ビットコインとは?

仮想通貨種類bitcoin

ビットコイン。近頃、ニュースでよく話題になるので、名前だけは知っている、という方も多いかもしれません。あなたはどうでしょうか。

端的に言えば、ビットコインは仮想通貨のひとつです。

世界中に存在する仮想通貨は、既に指標サイトに登録されているコインだけで900種類以上存在しますので、登録していないコインを含めればその数1,500以上とも言われています。

ビットコインはその900種類以上あるとされる仮想通貨のひとつ。仮想通貨の歴史上、世の中に流通した仮想通貨の第1号であり、現在世界で最も普及している、仮想通貨の基軸通貨とされています(2018年現在)。業界の大御所ということになりますね。

その前に、そもそも、仮想通貨って何なの?と思っている方もいらっしゃると思いますので、そちらの説明をしておきますね。

仮想通貨とは?

仮想通貨はインターネット上で買ったり売ったりの取引ができる通貨です。世界的には暗号通貨とも呼ばれたりしています。

文字通り「仮想」の「通貨」なので、現物はありません。電子データ上のみの取引記述をする決済システムです。触わることも目にすることもできませんが、「通貨」の役割を持ちます。財産的価値があるので、買い物をしたり、円やドル、ユーロなど世界の通貨に交換することもできます

現物がないけれど通貨。だったら、Suicaや楽天エディなどの電子マネーみたいなもの?と思うかもしれませんが、これも違います。

仮想通貨が、円やドルのような現物通貨や電子マネーと最も異なる点は、

  • 国(政府)や中央銀行などの管理者がいない

ということです。

円は政府が管理し日銀が発行しています。電子マネーも企業や組織が管理していますよね。でも、仮想通貨には管理者がいないのです。お店に店員がいない、みたいな。

えっ、それって大丈夫?セキュリティってどーなってるの?と思いますよね?

では、どういうことか、もう少し詳しく見ていきましょう。

国(政府)や中央銀行などの管理者がいない

法定通貨との違い2018年

わたしたちが日常使っている、円やドルは、法定通貨と呼ばれていて、国(政府)が管理し中央銀行が発行していますね。

一方、ビットコインをはじめとする仮想通貨は、管理者が不在。そのかわりにブロックチェーンという仕組み(後程説明します)で、ネット上での取引が全て記述され常にネット公開されています。といっても、個人情報が公開されるわけではありません。ブロックチェーンはあくまで取引内容の台帳として機能しているだけです。

■円やドル(法定通貨)とビットコインの違い

円・ドル・ユーロ等世界の通貨 ビットコインをはじめとする仮想通貨
管理者 国や中央銀行 不在
取引管理 銀行 個人(自己)管理
発行数 上限なし
⇒発行しすぎてインフレが起こる可能性あり
上限あり
※ビットコインは2100万BTC
⇒常に市場価値で価格が変動する
⇒インフレにはならない
取引口座 銀行口座 ビットコインアドレス

※参考文献:ビットコインのすべてがわかる本

国(政府)や中央銀行が介在しないメリット

管理者がいないメリットは以下の通り。

  • 管理者なし⇒24時間365日休みなく送金や入金処理が可能
  • 事務局なし⇒送金手数料ほぼゼロ円を実現
  • 両替なし⇒世界共通通貨なので、面倒な両替の必要がありません。

インターネット上でのSkype(スカイプ)通話は、電話会社を介さないで直接、個々人と通話ができますね。仮想通貨はSkype通話のお金取引版と考えるとわかりやすいかもしれません。

仮想通貨は、PCやスマホなどの端末さえあれば、土日も祝日もなく支払いや取引が行えるのが便利なところですね。

法定通貨、電子マネーと仮想通貨との違いについての詳細は以下にてもう少し詳しく説明しています。興味がる方はお読みください。

仮想通貨と法定通貨(円やドルなど)との決定的な違いについて詳しくはこちら

電子マネーと仮想通貨との違いについてはこちら

ビットコインをはじめとする仮想通貨。国や中央銀行が管理していないことで、便利なことがわかりましたね。

でも、便利でも管理者がいないと不安ですよね。そこで、次にビットコインの決済システムについてお伝えします。

ビットコイン取引の信頼を支えるシステム「ブロックチェーン」

blockchain

ブロックチェーンとは、ざっくり言えば、分散型の管理システムです。取引データを格納する「ブロック」が「チェーン」のようにつながっていくので、ブロックチェーンと呼ばれています。

ブロックチェーンでは、個人と個人で行われた直接取引のデータを記録していきますが、それは一定時間ごとに「ブロック」に書き込まれ、一定容量を超えると、自動的に次のブロックを作ってデータを書き込んでいくという仕事を繰り返していきます。なので、取引が書きこまれたブロックがネット上に分散して蓄積していきます。

ブロックはいわば取引台帳の役割を持ち、ネット上に分散して保管されているので、全世界に公開されている会計帳簿です。ネット公開されているので、全世界の目の監視下にあるということです。

公衆の面前で悪さはしにくいですよね。そう、ビットコインは、不正やデータの改ざんが行われにくいブロックチェーンという仕組みで管理されて、安全取引を見守っているんです。

ここで気になるのが全世界に公開されているという点ではないでしょうか。個人情報どうなっちゃってるの?と疑問の方も多いでしょう。

ブロックチェーンの公開情報は取引者の個人情報や取引額がそのまま書き込まれるわけではないんですね。取引内容のみを暗号化して公開されているので、簡単に誰もが即解読できるものではありません。情報を見て個人が確定できるものではないので、心配はいりません。

ちょっと難しいお話なりますので、こちらではあえてここまでにしておきます。もう少し詳しく知りたい方は以下の記事からお読みください。

「ブロックチェーン」の仕組みの詳細はこちら

ビットコインは何がいいの?

ビットコインが通貨として価値があることはお伝えしました。

でも、お金なら、普段、お買物には日本円を使えばいいし、日本円をSuicaやPasmoにチャージすればピピっとできるし、海外旅行に行ったら、ドルやユーロやウォンや元に両替すればいいし、ビットコインって何かいいことあるの?と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それがですね、あるんです。

ビットコインを持っていると何が良いかといえば、一般の暮らしレベルでは以下の3つがあげられるでしょう。

  • 値上がりして儲かる可能性
  • 海外旅行時に両替いらずで便利
  • 海外送金が極安

と、こんな感じです。

では、それぞれもう少し詳しく説明しますね。

値上がりして儲かる可能性

買った人が期待することとして、現段階では値上がりを期待して、と答える方が一番多いと思われます。いわゆる投機目的です。

2017年1月に1BTC(ビットコイン)10万円前後だったビットコインが12月には一時220万円台をつけ、その後2018年の1月中旬に値下がりしたものの、2018年1月21日現在、130万前後の価格を行ったり来たりの状況です。そうはいっても1年前の10万円まで落ち込んでいるわけではないので、結局は1年ちょっとで13倍ですね。

1年で10倍以上!そんな投資、なかなかありませんし、2017年は「ビットコイン長者」なる人々が何人も現れたりもしました。税務署が脱税逃れチェック頑張ってる的なニュースも目にしますね。

  • 10万円が130万円
  • 100万円が1300万円
  • 1000万円が1億3000万円

そう考えると目がくらみますね。

そう、実際、ビットコイン投資をしている多くの方が、仮想通貨ドリームを期待しているのではないでしょうか。ただ、そのドリームには悪夢も含まれるので要注意です。値下がりで大損した人、値が回復してくるのを待っている人も少なくありません。

なので、投資する際は、余剰資金中のさらなる余剰資金で、はじめてくださいね。

一方、ビットコインは高値で推移しているので、次なるビットコインとして、ビットコイン以外の安くて将来性のある仮想通貨を狙って投資している方も増えています(^_^;)

仮想通貨の時価総額のランキングなどを参考に検討している方も多いようです。

ビットコイン以外の仮想通貨ってどんなのあるのかな?と思った方は、TOP30のランキング表のご紹介記事がありますので、ご覧になってみてください。

【2018年1月】仮想通貨☆時価総額ランキング!

ビットコインのお話に戻ります。

個人的には、5万円で投資をスタートしました。それが、2017年12月一時30万円の含み益※となり、価格が下落した現在は20万円弱の含み益。自分で言うのも何ですが、悪くないかな、と思っています。最悪、ゼロになる可能性もあるという認識もあります。でも、そうなっても諦めがつくかな、と。
※含み益:売却していない保有コインの時価換算。実際は利益が確定していない状況です。

スケールちっちゃくて夢壊しちゃってたら、スミマセン(^_^;)

海外旅行時に両替いらずで便利

先に、ビットコインは全世界共通通貨です、とお伝えしました。

ビットコインは、どこの国に行っても、ビットコイン。だから両替しなくても、スマホやタブレットの中にお財布アプリから、即支払いができます。

えーでもカードあるし、と思っている方もあるかもしれませんね。

もちろん、カードは便利ですね。ただ、カードは引落しの時のレートで精算されるのが一般的ですね。なので、通常、利用金額の確定まで1ヶ月、2か月先で何かもやもやしたりすることもあるのではないでしょうか。その間に世界情勢が激変して不利なレート換算になってしまうことだってあり得ます。もちろん得することもありますが。

ビットコインは使った時のレートできっちり即時決済。気持ち的にもスッキリしますね。

海外送金が極安

海外送金はあまり使う機会は少ない方が多いかもしれませんが、グローバルなビジネスをしている場合は頻繁ですね。で、その手数料がバカ高いというのが現状。そこで、世界中の大手金融期間ではブロックチェーンの技術を使った海外送金システムの実験をしていたりします。

実際、日本から日本円をドルに両替して米国に送金した場合の手数料を例にあげると、みずほ銀行は1回につき5,500円、三菱東京UFJ銀行は1回につき4,000円。これに外貨取扱手数料が2500円程加算されます。

ビットコインならば数円~数百円です。しかも、送金時間においても、銀行は数日~1週間かかり、ビットコインは数十分です。海外のエンジニアやデザイナーへの仕事依頼は結構前払いが多かったりしますが、急いで仕事を依頼したい時、この送金時間は結構ネックになりますよ。スグ着金すれば、それだけ早く仕事をスタートさせていただくことができますね。

海外送金の具体的な手数料についてはこちら

 

ビットコインの入手方法

ビットコインの入手方法には、いろいろありますが、初心者の方は以下の2つが一般的です。

  • 仮想通貨取引所・販売所で買う
  • 無料でもらう

他の入手方法を深堀りしたい方はこちらの記事からどうぞ。
ビットコイン5つの入手方法をチェック

仮想通貨取引所・販売所で買う

仮想通貨を買う時、「取引所」と「販売所」の2つのスタイルがあります。「取引所」は株式の売買取引に近いスタイルで、取引所にビットコインの買い注文出し、注文時の相場で売買します。取引相手は注文者どうしです。「販売所」は、外貨の両替所に近いスタイルで、あらかじめ業者が提示した価格で売買します。取引相手は販売所を運営している業者です。

「販売所」に比べて「取引所」は手数料が安いですが、注文成立は「取引所」よりも「販売所」の方が確実です。

どちらにもメリット、デメリットがあります。もっと知りたい方は詳しく書いた記事がありますので、ご参考にしてください。

仮想通貨「取引所」「販売所」の違いと選び方

現在、日本で仮想通貨を扱っている取引所または販売所は開業準備中の業者を含めて16社あります。(2018年1月21日現在)初心者の方におすすめの取引所、販売所は初心者マークがついているところです。

以下、一覧にしましたが、こちらはこのくらいの業者があるんだなーくらいに思っていただければOKです。並べてあってもよくわからないと思いますので、登録してみようかなーと思われる方は、以下記事をご参考にしてください。

初心者の方におすすめの取引所はこちら

仮想通貨交換業者 ★特徴/目的・価値観別おすすめポイント 金融庁
認可
メモ
ビットフライヤー
bitFlyerlink02
★資本力、仮想通貨国内取引量No.1
ビットフライヤー口座開設方法はこちら
2017年
9月29日
 20wakaba03
コインチェック
coinchecklink02
★仮想通貨取扱い種類日本No.1
ビリギャルを生んだSTORYS.JP運営していた会社
コインチェック口座開設方法はこちら
審査中  20wakaba03
ザイフ
Zaif
link02
★マイナス手数料が魅力!仮想通貨FX取引レバレッジ25倍
ザイフ口座開設方法はこちら
2017年
9月29日
 20wakaba03
GMOコインlink02 ★GMOインターネットグループ企業!
仮想通貨のマイニング事業にも投資!仮想通貨FX取引レバレッジ25倍
MOコイン口座開設方法はこちら
2017年
9月29日
 20wakaba03
DMM Bitcoin link02 ★お馴染みDMMグループ企業!
ローラちゃんのCMが可愛い!
2018年1月10日より口座開設の受付スタート
2017年
12月1日
コイン
QUOINElink02
★仮想通貨FX取引レバレッジ25倍!メール&LINEサポート体制完備
トレード環境が整っている!
2017年
9月29日
マネーパートナーズlink02 仮想通貨取引所未定
※認可は取得していますが、サービス提供は準備中です。
2017年
9月29日
ビットバンク
bitBANK
.cclink02
★ビットバンク母体のビットコインFX専門取引所 2017年
9月29日
 SBIバーチャル・カレンシーズlink02  オープン前:先行予約受付中 2017年
9月29日
ビットトレードlink02 ★トレードをする人に優しい!レバレッジ20倍までで追証※なし!
母体はFX取引大手である株式会社FXトレード・フィナンシャルグループ。
2017年
9月29日
BTCボックスlink02 ★法人取引も対応!サーバダウン履歴がないところで信頼性が高いのが魅力。 2017年
9月29日
ビットポイントジャパンlink02 ★トレードに強い!高機能トレードシステムMT4自動売買も可能なアプリが使える! 2017年
9月29日
フィスコ
FISCOlink02
★母体はジャスダック上場の株式会社フィスコ!金融機関として実績あるので安心。 2017年
9月29日
ビットアルゴ ★金融庁認可済・現在開業準備中 2017年
12月1日
ビットゲートlink02
bitgate
★新規参入仮想通貨「販売所」。シンプルで使いやすいツール 2017年
12月1日
シータ link02
Xtheta
★登録申込み受付中。2月1日取引開始 2017年
12月1日

※上表は2018年1月21日現在
その中で仮想通貨取引所・販売所は、2番目の「無料でもらう」というのは、お買物に応じた規定ポイントサイトで微々たる

ビットコインを無料でもらう

お買物をするとポイントをもらえるように、お買物でビットコインをもらえるサービスもあります。

日本の最大手ビットコイン取引所bitFlyer(ビットフライヤー)では楽天やYahooショッピング、ZOZOTOWN、GUなど200以上のネットショップと提携していて、ビットフライヤー経由でお買物をすると、それぞれ提携数のビットコインがもらえます。もちろん無料(^_^;)

・お買物でビットコインを無料でもらう方法はこちら

また、ゲームに参加したりアンケートに答えたりするとポイントがたまり、そのポイントをビットコインと交換できるポイントサイトもあります。ビットコインに興味はあるけれど、買うのは何か怖い、と思っている方は、まず、無料でもらって保有してみるといいかもしれません。

・ビットコインを無料で貰える安心サイトはこちら

ビットコインの単位

ビットコインの表記は?

tani02

ビットコインの通貨単位は、ビットコイン(Bitcoin)。読み方は1ビットコインです。10ビットコイン、80ビットコインなどと数えます。

表記に関しては、

  • BTC

ビーティーシーと書いて、ビットコインと読みます。
外のネットなどで、

  • XBT

国際標準(ISO)の通貨表記のルールで表現すると、XBTになります。

 

一般的には「BTC」が広く使われています。

ビットコインの最少単位は?

tani03

ビットコインの単位はとても小さくて、実は1億分の1まであります。そして、その最少単位にはsatoshi(さとし)とネーミングされています。

satoshi(サトシ)は、ビットコインの原型を作ったとされるプログラマーの中本哲史(ナカモトサトシ)氏の名前が由来です。ただ、このナカモトサトシなる人物は、一体誰なのか、実存するのかは、誰にも判っていません。日本人っぽいですけどね。

ビットコインの最小単位は、Satoshi(サトシ)1BTCの1億分の1です。
ゼロ8つと覚えましょう♪
0.00000001BTC =1satoshi

    1BTCを日本円の100万円で換算すると、

  • 0.00000001BTC (1サトシ)= 0.01円
  • 0.000001BTC (ゼロ6つ)= 1円

まずはビットコインの最低単位は0.00000001BTC(1BTCの1億分の1)ということをわかっていただければOKです。覚えなくてもいいですよ。

1サトシは、
1BTCを100万円としても、日本円で1円にも満たないということですね。

ビットコインの最低取引単位は1satoshi(サトシ)。
よって、日本円の100円は約1000サトシ。

サトシで売買するのは計算しづらいし、1円満たないと日本円で売買はややこしくなりますね。

というわけで、ビットコイン「取引所」「販売所」では、もう少しだけ大きな単位を最低取引単位に設定している業者がほとんどです。

では、実際、いくらから買ったり売ったりできるのか、をチェックしてみましょう。

ビットコインはいくらから買えるの?

ビットコインの買ったり、売ったりする時の最低単位は、「取引所」「販売所」によって異なります。

以下は、初心者の方におすすめの取引所の最低取引単価の参考表になります。

取引所 最低取引単位 1BTCが100万の場合
の日本円換算(参考)
取引手数料 取引所/販売所
bitflyer(ビットフライヤー)link02 0.001BTC 1,000円 0.01~0.15%
取引額に応じて
〇/〇
coincheck(コインチェック)link02 0.005BTC 5,000円 0%(キャンペーン中) 〇/〇
Zaif(ザイフ)link02 0.0001BTC 100円 マイナス0.01% 〇/〇
GMOコインlink02 0.0001 BTC(現物)
0.01 BTC(FX)
100円
10,000円
0% ー/〇

最低取引単価が最も低いザイフやGMOコインで、0.0001BTCから購入が可能ですね。1BTCが100万円とした場合100円です。100円台からでも購入できちゃうんです。

1BTC100万円以上のビットコインも、0.001BTCなら1000円以下。どうでしょう?グッと身近になったのではないでしょうか。

まとめ

  • ビットコイン・仮想通貨をはじめる前の注意点
    元本保証なし、値幅上限なしのハイリスクハイリターン商品なので、余剰資金の中の余剰資金からはじめましょう
  • ビットコインとは?
    仮想通貨のひとつ。世の中に流通した仮想通貨の第1号。ナカモトサトシが原案者
  •  仮想通貨とは?
    「仮想」の「通貨」なので、現物はありません。電子データ上のみの取引記述をする決済システム
  • 国(政府)や中央銀行などの管理者がいない
  • ビットコイン取引の信頼を支えるシステム「ブロックチェーン」
  • ビットコインは何がいいの?
    • 値上がりして儲かる可能性
    • 海外旅行時に両替いらずで便利
    • 海外送金が極安
  • ビットコインの入手方法
    • 仮想通貨取引所・販売所で買う
    • ビットコインを無料でもらう
  • ビットコインの単位
    • ビットコインの表記は「BTC」ビットコインと読む
    • 最少単位は0.00000001BTC =1satoshi(サトシ)
    • いくらから買えるの?
      「取引所」「販売所」によって異なる。0.0001 BTCから買える「取引所」「販売所」がある

今回は、超初心者の方向けに、ビットコインについて、その正体、特性をはじめ、どこで、どのくらいから買えるのか等、基本的なことをお伝えしました。

2017年1月に10万円前後だったビットコイン。一時220万円台まで上がり、現状100万円台で推移しています。今後の将来性については、様々な見解が飛び交っていますね。仮想通貨の価格は乱高下の幅がものすごいです。投資には性格的に向き不向きがあると思いますので、くれぐれも、ムリのない投資を心掛けてくださいね。

管理人は、ジェットコースターに慣れてきました(^_^;)

スポンサーリンク

-ビットコイン, ビットコイン取引の基礎知識, 仮想通貨について, 初心者入門ガイド

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

exchange_icon

【仮想通貨ビットコイン】初心者におすすめの取引所比較ガイド一覧★手数料だけで選ぶと後悔するよ!

仮想通貨で最も流通しているビットコイン。購入したり売却したりの方法はいくつかありますが、取引所を利用するのが最も確実で一般的です。 では、日本国内で安心してビットコイン取引するためには、どこの取引所が …

BITCOINPAKU6171_TP_V01

2017年9月ビットコイン暴落の理由と原因は?今後はどうなる?価格の乱高下2週間のニュースまとめ

仮想通貨元年と呼ばれる2017年。9月は中国で取引所閉鎖のニュースやJPモルガンCEOのビットコインをクズ扱いするような暴言で、ビットコイン価格は一時に30%近く暴落。数日後にはまた20%以上戻して落 …

消費税なし

【仮想通貨】2017年7月より購入時の消費税撤廃!法律で「支払い手段」に認められたビットコイン今後の予想。

2017年7月1日からビットコインをはじめとする仮想通貨を購入するときの消費税がかからなくなりました。 えっ、今までかかっていたの?お金なのに? って思ったあなた、するどいです。 そう、これまで、ビッ …

【2018年1月】仮想通貨☆時価総額ランキング!上位30位を日本円比較で一挙ご紹介

▼毎月更新!月別で比較されたい方は以下からご覧いただけます 【2018年2月】仮想通貨時価総額ランキング New! 【2017年11月】仮想通貨時価総額ランキング 2017年から2018年の年越しにか …

kinyutyou

金融庁が認可登録した「仮想通貨交換業者」16社とガイドラインをチェック!

2017年4月に「仮想通貨法」で取引所の登録制が義務化されました。これによって無登録でサービスを提供できなくなりましたが、この制度開始から6ヶ月間、登録猶予がありまして、実際はほぼ6ヶ月、登録完了した …